雅紀の秘宝伝

相葉雅紀さんの私物また作成した未発売の歌

主婦の味方から日本のエスタブリッシュメントへ

1972年にダイエーは三越を抜いて小売業売上高日本一になつた。社長の中内功は、本業での築いた地位をもとに、次は自らの社会的地位を確固たるものにするために、閨閥を利用して、中内家を日本のエスタブリッシュメントにすることだつた。闇市企業として、業界本流からバカにされていた過去からの、彼なりの脱脚である。ダイエーグループ跡継ぎの長男,中内潤は本田技研工業最高顧問藤沢武雄の孫、誉子と結婚。2男正は常陸宮夫人華子様のめい、るみと婚姻。そして長女綾は浅野昌英に嫁いだ。夫昌英は母方の祖父が、三井財閥総領家11代で元三井社長という、まぎれもなく日本のエスタブリッシュメントの一員だ。その一員となつた綾はダイエーの経営に参画することはなかつた。名誉職的地位としてアライアンスフォーラム財団理事として、アフリカザンビアの子供を助ける栄養改善事業に取り組んでいるのみである。中内功の野望は、果たされたかのようだつた。