雅紀の秘宝伝

相葉雅紀さんの私物また作成した未発売の歌

子供を半年で【大坂なおみ)にする:信じなさい(2)

勉学への転機となつた小学4年から、生活環境は 中学2年に九州から兵庫県尼崎市へ、高校1年に隣の西宮市に移り変つた。そこに大学卒業まで住み、就職のため1人で上京、いまに至る。「孟母三遷の教え」ということわざがあるが、生活環境が変わることで、当時厳しい受験勉強を乗り越えることができた。(注)【古代中国儒家の孟子の母の教えで、より良い教育環境を求めて生活環境を変えること。】勿論私の母が孟母三遷の、教えを意図したわけではなく親父の仕事の都合で、移り住んだのだが、友達も少なく勉学には、好都合となつた。関西大学法学部に入り司法試験を目指したが、リーガルマインドとやらに思考がなじめず、そうそうにあきらめた。学生時代は色々なアルバイトをしたが、小学生の家庭教師を頼まれた所、その子の成績が急に上昇し、親はビックリ、喜び、知り合いの子供たちもお願いされるようになつた。何故それができたのか?それは先のブログの小学4年時の、私の体験が基になつている。成績が悪い子供は、決して頭が悪いのではない。成績が悪いのは、成績が上がる勉強の方法を知らないだけなのだ。結果親は、うちの子供は頭が悪いと決めつけ、子供は自信を無くす悪循環に陥る。頭が悪いのは親の方なのだ。