雅紀の秘宝伝

相葉雅紀さんの私物また作成した未発売の歌と貴方の知らない著名人の話--高級マンションの人間模様

子供を半年で(大坂なおみ)にする:信じなさい(4)-その勉強法とは?

超速で成績をあげ、自信をつけ、やる気を出させる秘法は、==学校の勉強を徹底して予習
することだ。==復習は必要ない。無視でよい。


毎回家庭教師に行くと、まず子供にその週に学校で学ぶ、各科目の範囲を聞き、その範囲のみ予習させる。そして先生が子供に質問するような、大事な個所を小テストに作り、理解を深める。最初の1ケ月はこれだけの繰り返しでよい。


子供はすぐに先生の授業が以前と違い、よく理解できると感じるようになる。予習をすると、当日初めて学ぶよりも圧倒的に、内容が理解できるのだ。
2ケ月後には以前ほど授業は難しくないと子供は覚えてくる。2ケ月で先生の質問に手を挙げて、答えることができると、自信がつく。半年もすると子供は秀才になつている。


前のブログで学力の違いは、知識の集積量の差といつたのは、時系的には人に先んじて学ぶことにもあてはまる。
そして親は子供の努力を、最大限に褒めてやる。すると子供は誰に言われなくても、やる気を出して勉学に励むようになる。
予習を先んじてすることで、成績をあげ有名大学に進学させるシステムは、受験高校は取り入れてる。
50年前私が考案したやり方の、ロングスパン版がそれである。有力受験校は1~2年までに3年分の授業を終え、受験勉強に集中する。


家庭教師を引き受けたからには、子供の成績を上げねばならぬ。その必要に迫られ考え出したのが、以上のやりかただつた。


有名塾や家庭教師をつける余裕のない親は、自身で工夫してみることも大事。それくらいの努力は子供のために払つてもらいたい。
大坂なおみの父親はテニスをやつたことがないにも拘わらず、独学でコーチ法を学び、全米オープンを制するまでに育てたのだ。あなたもきつとできる。子供を信じなさい。