雅紀の秘宝伝

相葉雅紀さんの私物また作成した未発売の歌

念願かない外国人妻となつたセレブ女性達(2)


もともと彼女の家庭は母子家庭で、貧乏だつた。貧乏が本当に嫌で、年頃には彼女なりに、早くそこから脱したいと、願つていたのだという。生活を一変し金持ちになるには、何故か外国人と結婚するのが早道と考え、高校卒業後英語を勉強しながらホテルに勤めていたところ、今の主人と知り合い結婚した。主人が金持ちかどうかは分からなかつたが、自信満々の彼に人生を託した。確かにその英国人は、偉丈夫で会話からも、俺について来い的なオーラがあつた。ファンドを運営するのは、ロンドンと日本には時差があるので、慢性的に睡眠不足になり、その上彼の地とのひんぱんな往復で、いつも疲れていた表情をしていた。羽田空港から帰るときには、3~4個の大きなトランクを引きずるように、専用タクシーを利用してたが、その姿を見るたびに、旦那はこんなに苦労してるのに妻はなんだかなーと。古今東西、妻は強い。また日本人女性は家庭マネジメントが上手なので、結果的に旦那を成功させるのかもしれない。全米オープンを制した、大坂なおみも、日本人の母親の犠牲ともいえるサポートを感謝していた。