雅紀の秘宝伝

相葉雅紀さんの私物また作成した未発売の歌

念願かない外国人妻となつたセレブ女性達(4)

もう一組の外国人妻は、2億円クラスの部屋に住んでいたが、ここは賃貸であつた。50代の子供のいない夫婦で、ワインが趣味なのかよく宅配が届いていた。ここ白金台サンクの地下室には、ワイン専用の部屋が設けられ、15台ほどのワインセラーが置かれていた。24時間一定に温度管理され、利用希望者が多く、常に満杯だつた。ここの彼女は、先の日本人妻と違い質素なたたずまいで、というより億ションに住んでる様子には見えないいでたちだつた。共稼ぎらしく、
調べてみると、都立高校の教師をしていた。道理で納得。普通高校教師で白金台の高級マンションに住んでる者はいないだろう。東野圭吾の小説が気にいつてるらしく、推理小説をよく読んでいた。マンションには3~4年ほどいたが、大きな犬を飼うために、都内の1軒家を買い転居していつた。やはりファンドマネージャーの旦那の稼ぎが大きかつた。お金だけが人生じゃないが、日本人女性で、男社会の底辺から這い出すために、1 発逆転の人生を、狙うにはこのような選択もある。ただし、セラーテム脱税事件でブタ箱行きした、中国人男(現在は日本国籍)と結婚した例もあるので、気を付けて。もつとも,ブタ箱から戻つても、いまも白金台サンクにずっと住んでるので、やつぱり成功組か。