雅紀の秘宝伝

相葉雅紀さんの私物また作成した未発売の歌

半グレ集団関東連合、元総長に超高級マンションを販売する不動産会社のくず加減

六本木クラブ殺人事件の主犯見立真一が、最低分譲価格が1億数千万の白金台サンクを購入したのは2011年頃。勿論ローンなど使えるわけもなく現金購入。近衛やす子様などの元皇族をはじめ、各界の著名人が多数入居しているマンションに、商売最優先とばかり、元関東連合総長に売りつける不動産会社。購入時は殺人犯でなくても、半グレ集団の親分であることは、衆知だつた。事件後、販売及び管理会社である三井不動産レジデンシャルがとつた行動は、館内従業員にかん口令をしき、見立真一の向い
の部屋の入居者に、残された家族の動静を聞くのみ。ひたすらこの不祥事を隠ぺいすることに終始した。これから高級マンションを買う予定の方は、不動産会社がいくらセキュリテイを強調しても信用してはならない。売ることだけしか
頭にない不動産会社は、入居者が殺人犯だろうと脱税犯だろうと気にしないのだから。超高級マンションにつられて入居したら、隣が暴力団幹部だつたなんてこともありえる。