雅紀の秘宝伝

相葉雅紀さんの私物また作成した未発売の歌と貴方の知らない著名人の話--高級マンションの人間模様

1年で夜逃げする、高級マンションの人間の末路ーー犬と人間どちらが大事?-共通するクズな性格(5)

常識ある人間ならば、まず自分が連れていた犬が、他人に飛び掛かり襲つたことに謝罪するのが先だろう。犬が驚いて条件反射で行動したとしてもだ。


それから犬の尻をポンと蹴つた、私の対応を責めるなら、それはそれで話はわかる。
にも拘らず、一方的にこちらの対応を非難する。
挙句、管理会社に苦情を言いますからと。私はどうぞお好きなようにして下さい、とその場を離れた。


案の丈、夜遅く夫人の旦那がマンションにやつて来た。
夫人からどの様に聞いたのかわからないが、自分たちの飼い犬の非は棚に上げて、こちらを非難するばかり。
最初の状況を説明して、こちらは突然大きな犬に飛び掛かられて,下手したら大けがしたかもしれない恐怖を味わつたんだ、犬と人間どちらが大切なんですか?と。


旦那はそれでも引き下がらず、管理会社に電話してやると、捨て台詞を吐いて帰つていつた。
その夜だつたか翌日だつたか、管理会社の三井不動産レジデンシャルの苦情窓口から、苦情を受けたので状況を聞きたい、と問い合わせがあつた。
私はこの場合、どの様な対応が適切だつたか、犬の尻を軽くだが、ポンと蹴つたのは少し行き過ぎたかもと思いながら、隠さず当時の状況を報告した。



担当者は警備現場をよく熟知した人で、犬種についても聞いてきた。
大型犬が突然襲い掛かつて来たら自衛するのは、当然の行動で、多少行き過ぎはあつたにせよ、少しも貴方は悪くありませんよ、と理解してくれた。


私は、つい調子に乗つて、若し相手がこれ以上ごちゃごちゃ言うようなら、保健所に通報すると言つてたと。
担当者は笑つていたが、内心、現場の苦労に理解ある担当者でほつとしたのも事実である。